トップ

アトピーと水の関係

アトピーは塩素と大きな関係が

水道水の塩素がアトピーの原因に

アトピーに悩まされている人は多いでしょう。特に若い女性の場合には、アトピーで肌が荒れてしまうのをかなり気にするかと思います。アトピーの原因としては、ダニやアレルギーなどをイメージする人も多いですが、水も大きく関係しています。我々が日常的に使用している水道水が、アトピーの原因になっているケースも多いのです。アトピーの改善情報について見ていきましょう。

水道水には塩素という物質が含まれています。塩素は殺菌作用や漂白作用があることで知られていて、塩素系漂白剤を使ったことのある人は、その強力な効果が分かるでしょう。水道水に塩素を使用している理由は、病原菌や感染症の元となる雑菌などを殺すためです。しかし、塩素は人体にもダメージを与えます。細胞を破壊してしまうのです。人間を含めて、ほとんどの生物にとって塩素は害があると言えるでしょう。

水道水を飲むことで消化器官の細胞も破壊してしまうことになります。そのことがアトピーと関係していることも少なくありません。ミネラルウォーターを飲むようにしている人でも、料理には水道水を使う人が多いでしょう。また、口から体内に取り入れるだけでなく、お風呂などで肌に触れることもアトピーの原因になっていることが多いです。

日本で水道水に塩素が使用されるようになったのは、1960年代後半です。それ以前までは、アトピーは現在ほど多くはありませんでした。水道水に塩素を使うようになってから、アトピーが増えているため、水道水の塩素とアトピーは因果関係がある可能性は高いでしょう。また、日本においては水道水の残留塩素の下限が法律で規定されています。しかし、上限は特に規定がありません。そして、残留塩素の量は地域によっても差があります。水道水の残留塩素が多い地域に住んでいる人は、アトピーになりやすいのかも知れません。